top of page

中部実業団対抗陸上競技大会*競技結果

こんにちは!

プレイングコーチの糸多です(^^)


日に日に暑さが増していき、梅雨を待たず夏を予感させる日が続いていますね😅

私はようやく花粉症の脅威から解放され、鼻で呼吸ができることに喜びを感じています(笑)


さて、先日5月11日~12日に岐阜メモリアルセンターにて、

中部実業団対抗陸上競技大会が行われました!

今大会は9月に行われる全日本実業団の予選会となり、実業団選手にとってはとても重要な大会の一つです!ROBLEからは Athlete2名、コーチ3名、計5名の選手が今大会に出場しました(^^)/


そして、今大会はチーム対抗戦でもあります!

チーム対抗戦とは、上位入賞者に得点が付与され、チーム内の合計点を競うというものになります。

陸上競技でチーム対抗戦はあまり聞きなれないと思いますが、高校生のインターハイや大学生のインカレも実はチーム対抗戦で得点を競い合っています。

と言うことで、少しでも多くの点数を取って上位に入りたいところです(^^)


因みに得点は、1位=7点/2位=5点/3位=4点/4位=3点/5位=2点/6位=1点 というような振り分けになっています。


さあ、選手の結果、チームの結果はどうだったのでしょうか!?

一人ひとり、順に結果を報告していきます(^^)/



糸多 悠平

110mハードル 14秒65(+0.2) 3位入賞🥉



私は今大会、3位に入り表彰台に昇ることができました

前日まで曇り予報と聞いていたのに天気は雨☔

風も強く、アップもままならないようなコンディションでした💦

救いだったのは、思いのほか体幹気温が低くなかったことです😅

ですが、極力体を冷やさないようにしたり、濡れたままにならないように着替えをたくさん用意したりなど、コンディショニングに細心の注意を払いながらレースに挑みました!


予選では全体3位通過だったこと、天候が雨で記録を出すのが難しいことを考慮し、今大会は記録ではなく順位にこだわることを意識して決勝に挑みました!

その結果、中盤から後半にかけて落ち着いてリズムを上げることができ、3位でゴールすることができました(^^)/

終盤に2位の背中も近い位置に見えたことで、狙いすぎて力が入ってしまい、ハードルにぶつけて失速してしまったことは反省です(^^;

ともあれ、この大会初の表彰台、そして全日本実業団の出場権を得ることができてホッとしました(^^)



佐々木 海聖

ハンマー投げ 52m82 3位入賞🥉



ROBLE Jr. 投てきコーチの佐々木コーチも見事に3位入賞です!🎉

昨年よりも一つ順位を上げ、表彰台に昇ることができました!が、記録にはまだまだ満足していない様子でした。

佐々木コーチは今年、大学時代に出した60m45㎝の自己記録更新を目指し、本腰を入れてトレーニングをするとのことです!

改めて7キロ強の鉄球を60m以上投げるってすごいですね😅

簡単に言うとボーリングの一番重い球(16ポンド)を60m放り投げる感じですかね(笑)


佐々木コーチの自己ベスト更新にも注目です!



塩見 建也

1500m 4分03秒26 組3着(全体21位) 自己ベスト🌟

5000m 15分10秒06 組1着(全体19位) 自己ベスト🌟



ROBLE出場者で最長の距離を走った塩見コーチ!(相変わらず(笑))

1500mと5000mの2種目で自己ベスト更新です!おめでとうございます🎉

今大会、ROBLEで唯一の自己ベスト更新者です!

初日に行われた1500mでは、気温の高い中でのレースでしたが、先頭集団で走り組3着でのゴールとなりました!

好調をそのままに、2日目の5000mでは最初から最後まで先頭集団でレースを進め、見事なラストスパートでゴールを決めました!

本人は、15分10秒は切りたかったと悔しさを残しながらも、20代後半になっても自己ベストを更新し続けるのは素晴らしいです!

このまま、14分台まで突っ走ってもらいたいです(^^)



中島 慎哉

800m 1分55秒99 6位入賞

1500m 3分54秒07 組14着(全体14位)



中島選手は800mと1500mの2種目に出場し、800mでは6位入賞の結果を収めることができましたが、本人の満足いく結果を残すことはできなかったようです。

長い競技生活、このような結果で終わることも少なくありません。

大事なのは、この後、どう行動するかです!

・メンタルをリセットするために、競技から少し離れリフレッシュ休暇をするもよし。

・悪い走りやイメージを上書きするために、走りの確認をするもよし。

やってはいけないことは、一人で考え込みすぎてしまうことだと思います!

視野が狭くなりますからね!


中島選手は6月以降もたくさんの大会が控えています!

今後の中島選手がどのように復調していくのか、注目するとともに応援していただけると幸いです(^^)



大島 実

800m 2分10秒34 8位入賞(予選:1分57秒80)



大島選手は、年明けに怪我をしてしまい怪我明け2戦目の大会でしたが、意地で予選組1着で予選を通過し、決勝に残りました!

しかし、怪我で満足のいく冬季練習を送れず、練習不足の体では800mを2本走るのは難しく、8位入賞という結果に終わりました。

8位入賞したことにより、全日本実業団への出場権は獲得しましたので、ここから状態を上げてほしいですね(^^)

レース後の笑顔は相変わらず素敵ですね(笑)



そして、チーム対抗戦の結果は、、、5名で9点を獲得し、団体総合15位、男子総合10位の結果を収めることができました!

1位には出場者40以上を擁するトヨタ自動車をはじめ、上位には田子重やNTN、トーエネックなどの有名企業チームがずらり。

ここにROBLEも並べることができれば、もう少し箔が付きそうです(笑)


ROBLEも一人ひとりがさらに成長をして結果を残し、団体においても上位に食い込むことができると思いますので、対抗得点も一つ目標に来年以降も戦っていければと思います!


さて、今大会の結果としましては、塩見コーチが2種目ベスト更新🌟

そして、4名の選手(糸多、佐々木、中島、大島)が9月に行われる全日本実業団への出場権を獲得しました!

今年の全日本実業団は山口県の”維新みらいふスタジアム”にて開催されます!


9月までまだ期間もありますので、本戦でよい結果が納められるよう、より練習に磨きをかけていきます✨

そして一人でも多く、上位入賞ができるようチーム一丸となって頑張ります!(^o^)/




最後に、今大会に実際に足を運んで応援していただいたスクール生やその保護者の皆様。

ライブ配信や結果速報を見て応援していただいた皆様。

2日間の応援、本当にありがとうございました!



応援してくれている人がいると知ってレースに挑むと本当に見えない力が湧いてきます🔥

今後も引き続き、力強い応援をしていただけると幸いです。m(_ _)m



コメント


bottom of page