ROBLEキッズ 3回目

2017/12/08

 

2017年12月07日(木)、3回目のROBLEキッズ指導日でした。

 

11月の体験期間を経て、いよいよ本格的に活動開始です!

 

 

現在のスクール生は全員で4名。

まだ少し寂しい感じですが、

その分、手厚い指導ができており、スタッフ共々充実した時間を過ごすことができています( ^ - ^ )

 

 

 

さて、今日の指導も、まずは市野コーチによるコオーディネーション系トレーニングからです。

次々に新しい課題が出されていき、子どもたちはその1つ1つに興味津々でした。

 

楽しんでやっているだけだけど、気づかない内に運動神経が刺激されている、

これがコオーディネーション系トレーニングの最大の利点かと思います。

 

 

そして今日も、一通りの感覚練習のあと、

走りにつなげる時間です。

 

 

①先ずは、体が横(左右)にブレないための指導です。

 

1週間前の感覚が残っており、すぐにクリアできました。

 

 

②次は腕の振りと膝の高さを“交互に”意識してもらいます。

言葉がけ一つで動きが変わり、どんどん新しい刺激が感覚として残っていきます。

 

 

③そして最後に、腕の振りと膝の高さの両方を“同時に”意識させます。

 

言葉がけや指示のタイミングなど、いくつか指導のコツが求められますが、

これが上手くいけば子どものフォームは驚くほど良くなります。

 

良いフォームは速く走れるようになるために必要なだけでなく、

練習を重ねる中でのケガの予防にもなります。

 

 

そしてあっという間に1時間が過ぎ、1部の指導は終わりです。

その後、希望者のみ2部練習、コソ練の時間です。

希望者のみ、ですが、嬉しいことにみんな参加してくれて、全員で2部練習開始です。

 

 

動作指導を入れながら、往復走を行いました。

スタート直後はみんなの表情からも余裕がうかがます。

そこで、

松原コーチも加わり、徐々に強度を上げていきます。

 

走り終えた松原コーチはこの表情。。。

 

 

そして軽い休憩をとった後、

松原コーチに代わって市野コーチが参戦して、2セット目スタート!

2セット目では往復の際に少し課題が出されました。

 

コーンまで走り→ジャンプ → 素早くターン→再び走る、です。

 

姿勢制御の際には速筋が使われるそうで、

素早くターンするという課題と相まって、子どもの運動神経発達に働きかけられるのだそうです。(久我コーチ談)

 

・・・難しい!!僕(市野)もこれからどんどん学んで行きたいと思います。。。

 

 

 

 

 

そして2セット目が終わるころには・・・

みんなバテバテでした( ^ - ^ )

 

 

 

さて、2017年も残りわずかとなりました。

年内のスクールはあと3回です。

 

スクールの日程は下記の通りです。

 

12月14日(木)

12月21日(木)

12月25日(月)

 

12月28日(木)は体育館が年末閉館のため、

振り替えで12月25日(月)に変更となります。お間違えなく!

 

年内のお申し込みも受け付けていますので、

ご興味のある方はまずお問い合わせページからご一報ください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

©2017 ROBLE SPORTS JAPAN. ALL RIGHT RESERVED