2017年度、最後のスクールでした。

2018/03/23

 

3月22日のスクールブログです。

 

 

今週は久しぶりに雨が降って、少し寒さも感じる1日でした。

 

寒暖差で風邪をひかないようにしましょう

(僕はすでに鼻声ですが…)

 

 

 

さて、今日は3月最後のスクールでした。

 

 

 

少し寒いので入念にウォーミングアップです。

 

 

そしてさっそくアジリティリングを使って、

その場で足の接地の感覚、バウンドの感覚を確かめます。

 

 

 

全員で復習してから、一人ずつテスト。

 

みんなに見られながらでもしっかりできるように集中しましょう。

※変顔で笑わせるのはダメです(笑)

 

 

次はマークを一定間隔で置いて、その間をリズムよく切り替えて進みます。

 

 

「リズムよく」というのが難しく、最初はみんな上手くできない様子でした。

 

 

ここで市野コーチのお手本!

 

 

 

動きづくりのポイントはどんな動きでも同じです!

 

 

「脚を高く上げる」「まっすぐ上げる」

 

「膝を外に開かない」

 

「力のオン・オフの切り替えをしっかり付ける」

 

…などなど、たくさんありますが、

細かい部分まで意識できるようになると、動きの精度は格段に上がります!

 

 

さらにその動きを「無意識」にできるようになれば、走りの完成にグンと近づきます(^_^)

 

 

 

 

何度も繰り返す中で、

 

「できているところはどこだろう?」

 

「できていないところはどこだろう?」

 

と、考えながら取り組むことも大切です。

 

 

 

そして気づけばもう 20時、1部練習終了です。

 

 

からの、全員参加で2部(コソ練)がスタート!

 

 

 

コソ練では、まず最初にウォーキングのスピードで足と重心の移動の復習です。

 

 

 

脚の角度(90度)や、身体の軸をしっかり整えていきます。

 

 

「上げている脚をおろす」ことからはなるべく意識を遠ざけて、

「地面についている足を上げる」ことに全力で意識を傾けることがポイントです。

 

 

市野コーチ、久我コーチの細かなアドバイスで、動きが一つ一つ改善されていきます。

 

 

 

そして動きがよくなってきたところで、恒例のチーム戦!

 

 

今回は「スピード」が大事、つまり速いほうが勝ちです。

 

「いつもキレイな方が勝ちなのに?」と鋭い指摘もありましたが、、、

 

この意図は後ほど明らかに…!

 

 

ルールは得点制で、

 

①速かった方に     1点

 

②動きがよかった方に 2点

 

つまり、

 

③速くて動きがよかったら 3点

 

 

 

みんな真剣に勝負です。

 

陸上競技に限らず、「勝ちたい!」という想いはどのスポーツにおいても大切ですね(^O^)

 

 

 

そして1回戦、2回戦を終えて、ホワイトボードの結果を見て、子どもたちに問いかける久我コーチ。

 

ホワイトボードには、各チームの合計点数だけでなく、

1回1回の勝負の配点も書かれています。

 

 

勝った方のチームには、 1点のときもあれば、2点の時もあるが、

 

明らかに3点が多い。

 

 

ということは、つまり…

 

「速く走れたときは、動きがよかった」ということです。

 

 

動きがよくなればその分、速く走れます。

 

・・・よく考えてみると、当たり前の事ですね(笑)

 

 

子どもたちは最初はちょっと ポカーン顔。

 

でも何度か同じ説明をするなかで、最後にはみんなも納得して、「たしかに」の声が!

 

 

 

何度も説明する久我コーチを観ていて、

最後には子どもの納得が大事になってくるのかな、と感じました(^-^)/

 

 

 

そうしているうちに、2部(コソ練)の時間も終了。

 

次のスクールは4月です!

 

 

 

そして実は今日は6年生の  りくくん が最後のスクールでした(>_<)

春から中学生です!

 

 

 

最後にみんなで集合写真を撮りました。

りくくん、中学校でも頑張ってね!!

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

 

4月のスクールスケジュールです。

 

5日(木)、12日(木)、19日(木)、26日(木)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

©2017 ROBLE SPORTS JAPAN. ALL RIGHT RESERVED