布勢スプリント2018

2018/06/10

6月3日(日)、鳥取県で行われた 布勢スプリント2018 

男子110mハードルに、私・糸多が出場してきました!

 

一人での遠征、少し寂しかったです。笑

 

ちなみにこの布勢スプリント、100mには山縣選手やケンブリッジ飛鳥選手など

トップ選手も出場する大きな大会ですが、種目が限られており、

100mとハードル種目しかありません。

 

そしてそれぞれの種目にA決勝・B決勝があり、

16人までが決勝レースを走ることのできる大会です。

(予選1位~8位までがA決勝、9位~16位までがB決勝を走ることができます)


ここで結果報告です!

 

110mハードル予選

糸多 予選5組 7着 14秒64(+1.8)

 

110mハードル決勝

糸多 B決勝 DSQ  記録なし


 予選では追い風1.8mと好条件の中で走ることができましたが、

上手く対応しきれずに風に押され足が流れる走り方をしてしまい、

思うような記録が残せませんでした。


 しっかり修正して決勝へ!と、意気込んでいましたが…結果はDSQ。

 

DSQという言葉は聞き慣れないですね。

これは、失格という意味です。(笑)

 

予選を全体9番目の記録で終えB決勝に進出することができましたが、

決勝では途中棄権という結果になってしまいました((+_+))


決勝のレースでは予選の反省を活かして、

脚を前でさばくようにして積極的なレース展開をしていたのですが、

横の選手と接触した際にバランスを崩し転倒しかけてしまい、

 

…7台目のハードルを跳ぶことができませんでした。

 


 今大会は残念な結果となってしまいましたが、

調子も上がってきており改善点も見つかったので、今後の練習につなげていきたいと思います。

 


ちなみに次は6月31日・7月1日の岐阜県選手権大会に110mハードルで出場予定です。


今後も応援のほどよろしくお願いします!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

©2017 ROBLE SPORTS JAPAN. ALL RIGHT RESERVED